Health and Beauty
このエントリーをはてなブックマークに追加

New Posts

わきのキツイ臭いを

わきがは多くの方が悩んでいる症状であります。特に臭いが不快感を与えてしまう事になりますが、美容整形によってそれを解消する事が可能です。福岡など大都市であれば簡単に施術が受けられます。

read more

クマを消すには

目の下に出来てしまう厄介なクマですが、実は睡眠不足だけが直接的な原因ではありません。色素沈着や血流の問題などが原因にもなるのです。治すには整形外科に相談する方法があります。

more

たるみと整形

目の下のたるみは、時によって自分の美意識を深く傷つける存在となります。だからこそたるみを取り除く手術が盛んに行われており、整形という形でたるみを解消するのです。

more

脂肪吸引について

女性も男性も関係なくなっているワキガの悩みはわきがを福岡で治療しているクリニックをチェックする事で解決します。

脂肪吸引は体に負担がかからないように進化してきました

切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引があります。切る脂肪吸引は皮膚に切れ目を入れ、カニューレという細い管を挿入して脂肪を吸引するものです。1980年代から現在の方法が始められ、改良を重ねながら進化しています。1990年代に体外から超音波を当てて脂肪細胞を破壊する方法が開発されました。切らない脂肪吸引とよばれるものです。 皮膚に切れ目を作りカニューレを挿入する方法は、初期には出血が多く、術後の腫れも大きいものでしたが、現在は止血薬や麻酔薬を生理食塩水とともに脂肪層に注入してから吸引を行う方法に改良されました。これによって画期的に出血が少なくなり、術後の腫れも期間が短くなっています。また挿入したカニューレの先から超音波を出す機械が開発されています。組織や血管を傷つけることもなくなりました。 切らない脂肪吸引は、高周波や超音波を皮膚の上から脂肪層に照射することで脂肪細胞を破壊し、自然に体外に排出されるのを待つ仕組みです。

部分痩せにも適している施術と認められるようになりました

脂肪吸引は初期は太ももの脂肪やお腹周りの脂肪を大量に吸引することが目的でした。そのため、脂肪の摂り過ぎが生じる場合がありました。現在は切る脂肪吸引も切らない脂肪吸引も、大量の脂肪を取る事だけを目的としていません。適度な皮下脂肪のあるボディラインの方が美しいからです。 施術を受ける側も、痩身目的というより、部分痩せを希望する人が多くなってきました。また、脂肪を吸引することで部分痩せが可能だという認識が広まっています。 切る脂肪吸引でも、脂肪細胞を除去するだけではなく、全体のバランスと将来生じるたるみを考慮して、残すべき脂肪は残しておくというやり方に変化しています。 脂肪細胞を除去するのでリバウンドの心配がなく、部分痩せが可能になり、今後も様々な種類の脂肪吸引が行われていくと思われます。